高級店で働いてみる | 飛田新地のバイトでもっと手軽にお金を稼いで見ませんか?
menu

高級店で働いてみる

スニーカーをはいている女性

高級風俗店で働くということは、風俗業界で働く全ての女の子の憧れとも言えます。
しかし、高級店の求人は無限にあるわけではありません。
そのために、そういった数少ない求人の採用を手繰り寄せるかということが重要になってきます。

高級店というと超絶美人ばかりのモデル事務所のようなホテヘルという風なイメージをしがちですが、その実そういったことは無く、ごく普通の女の子も高級店で働いているということもあります。
そんな高級ホテヘルの採用基準というのは一体どういうものなのでしょうか?

そんな高級ホテヘルを難波で経営する方とお会いする機会があったので、その際に教えていただいた採用基準として、
「顔よりも中身」ということを特に強く意識して採用しているということを話されていました。

顔が良いというのは極論どこにでも探せばいる。しかし、中身まで美人な女の子というのは探しても中々いないもの。
というのを語っていました。
風俗業というのは結局は接客業なのだから、お客さんをどこまで楽しませることができるのかということが大切になってくるので、その意識を持って実際にそれを仕事に反映することが出来る女の子というのが高級ホテヘルでは求められる人材だそうです。

そこには華々しい肩書など必要ないのです。
もちろん高級ホテヘルには「元AV女優」や「〇〇大学ミスコン」などの肩書が書かれている女の子もいますが、何の肩書が無くともナンバーガールになっている女の子もいます。

高級ホテヘルに訪れるお客さんというのは結局は中身で判断しているとのことです。
業務的なサービスではなく、まるで本物の恋人に対してエッチなことをしているかのような雰囲気でサービスしてくれる女の子が高級店では求められるのです。